トレーニングキャンペーン

トレーニングキャンペーンの作成と管理

KnowBe4コンソールの[トレーニング]タブでは、トレーニングキャンペーンの作成、トレーニング通知テンプレートの編集、ユーザー承認ポリシーの準備、およびトレーニングレポートの表示を行うことができます。トレーニングキャンペーンでは、受講者ホームでユーザーに表示するコンテンツを選択できます。

トレーニングキャンペーンを作成および管理する方法については、以下のリンクを参照してください。「トレーニングキャンペーンの設定」「トレーニングキャンペーンの監視」のビデオチュートリアルも参照してください。

リンク先:

トレーニングキャンペーンの準備トレーニングキャンペーンの作成トレーニングキャンペーンの管理と編集個々のキャンペーンの概要

トレーニングキャンペーンの準備

トレーニングキャンペーンを作成する前に、以下のステップに従って操作することをお勧めします。

  1. 受講者ホーム(LX)をカスタマイズします。詳細については、「受講者ホームガイド」を参照してください。
  2. ユーザーに承認してもらうポリシーがある場合は、これらのポリシーをKnowBe4のコンソールに追加します。詳細については、「KnowBe4コンソールでのポリシーの作成と管理方法」の記事を参照してください。
  3. KnowBe4のトレーニングコンテンツをライブラリに追加したり、独自のトレーニングコンテンツをアップロードしたりできます。詳細については、「ModStoreとライブラリのガイド」「KnowBe4プラットフォームへのカスタムコンテンツのアップロード」の記事を参照してください。
  4. トレーニング通知を確認したり、独自のトレーニング通知をカスタマイズしたりできます。詳細については、「トレーニングキャンペーンの通知」または「トレーニング通知のカスタマイズ」の記事を参照してください。

トレーニングキャンペーンの作成

トレーニングキャンペーンを作成するには、KnowBe4コンソールにログインして、[トレーニング]タブをクリックします。次に、ページの右上隅にある[+新しいグループの作成]ボタンをクリックします。このボタンをクリックすると、[新しいトレーニングキャンペーンの作成]ページが表示されます。

キャンペーンを作成するために必要なフィールドは、[キャンペーン名] [コンテンツ]、および[グループの登録]フィールドのみです。ただし、キャンペーンの設定を自由にカスタマイズすることをお勧めします。キャンペーンの設定が完了したら、ページの左下隅にある[キャンペーンの作成]をクリックします。

各フィールドの詳細については、以下のドロップダウンリストのフィールド名をクリックしてください。

注:トレーニングキャンペーンを作成すると、ユーザーにアセスメントを割り当てることができます。トレーニングキャンペーンを設定してアセスメントを割り当てる方法の詳細については、「アセスメントの使用方法」の記事を参照してください。
1.キャンペーン名

キャンペーンには、「在宅勤務用トレーニング」や「補習トレーニング」などのわかりやすい名前を付けましょう。わかりやすいキャンペーン名を付けると、キャンペーンの目的や範囲を覚えておくのに役立ちます。

注:登録済みのユーザーの受講者ホーム(LX)の[トレーニング]タブや一部のトレーニング通知にこのキャンペーン名が表示されます。
2.開始日

このキャンペーンを開始する必要がある日時を設定します。このフィールドは、後日開始するキャンペーンを作成する場合に便利です。

注:トレーニングキャンペーンでは、 [アカウント設定]で設定されたタイムゾーンがデフォルトで使用されます。キャンペーンで別のタイムゾーンを使用する場合は、ドロップダウンメニューから使用するタイムゾーンを選択できます。[アカウント設定]でタイムゾーンを設定する方法の詳細については、「アカウント設定の編集方法」の記事を参照してください。
3.終了日

このトレーニングをいつまでに完了する必要があるかを選択します。終了日には次の3つのオプションがあります。

  • [特定の日付]:このキャンペーンを終了する特定の日時を選択します。ユーザーがキャンペーンに登録した日時に関わらず、この日までにトレーニングを終了する必要があります。
  • [実質的な期間](推奨):このオプションは、ユーザーがキャンペーンに登録された日時に基づいて期日を設定します。この期間は、日、週、または月単位で設定できます。たとえば、あるユーザーが3月1日にキャンペーンに登録され、その期間が3週間に設定されている場合、そのユーザーは3月21日までにこのキャンペーンのトレーニングを終了しなければなりません。
  • [終了日なし]:キャンペーンに終了日を設定しない場合は、このオプションを選択します。[アカウント設定]で[オプションの学習]を有効にしている場合、このトレーニングキャンペーンはオプションとみなされます。選択されたトレーニングコンテンツは、各ユーザーの受講者ホーム(LX)の[ライブラリ]タブに追加されます。詳細については、「オプションの学習ガイド」を参照してください。
注: キャンペーン開始後にキャンペーンの終了日を変更すると、キャンペーン終了日を基準としているトレーニング通知に影響します。たとえば、[期日前のリマインダー]の通知を送信した後に、キャンペーンの終了日を延長すると、ユーザーに追加のリマインダー通知が送信されます。
4.期日後の課題
ユーザーがキャンペーン期日の後でも課題を完了できるようにするには、[期限後であっても課題の完了を許可する]チェックボックスを選択します。このオプションを有効にすると、[キャンペーン]サブタブのキャンペーン期間の横に時計のアイコンが表示されます(ここをクリックして表示)。
注:[期限後であっても課題の完了を許可する]設定を有効にしており、キャンペーンが[受講済み]になっている場合、ユーザーはキャンペーンの期日の後でもトレーニングを完了できます。キャンペーンが終了している場合でも、この設定を有効にすれば、[期日オーバー]通知をユーザーに引き続き送信できます。 ただし、「期限後であっても課題の完了を許可する」設定を有効にしている場合でも、キャンペーンが終了している場合、ユーザーはキャンペーンの期日の後にトレーニングを完了することはできません。キャンペーンが終了している場合、ユーザーに[期日オーバー]通知は送信されません。 キャンペーンの各ステータスの詳細については、以下の「トレーニングキャンペーンの管理と編集」のセクションを参照してください。
この設定の詳細については、「トレーニング期日の変更方法」を参照してください。
5.コンテンツ

キャンペーンにコンテンツを追加するには、[コンテンツ]ドロップダウンメニューを使用します。自分で追加したポリシーや、ライブラリに追加されたトレーニングコンテンツを選択できます。

ヒント:ライブラリにコンテンツを追加する場合は、[ModStoreを表示]リンクをクリックします。このリンクをクリックすると、[ModStore]サブタブが新しいブラウザタブで開き、ライブラリにコンテンツを追加できるようになります。コンテンツを追加したら、[新しいトレーニングキャンペーンの作成]ページに戻り、[更新]ボタンをクリックして、利用可能な最新のコンテンツを表示します。

ドロップダウンメニューでは、タイトル、長さ、公開日でコンテンツを並べ替えることができます。[検索]フィールドにキーワードを入力してコンテンツをフィルタリングすることもできます(クリックして表示)。

デフォルトでは、廃止済のトレーニングコンテンツはドロップダウンメニューに表示されません。廃止済のコンテンツを表示するには、ドロップダウンメニューから[廃止済みのコンテンツを含める]チェックボックスを選択します。

コンテンツを選択したら、ドロップダウンメニューでクリックして、コンテンツリストを表示します。コンテンツの順番を変更するには、コンテンツのタイトルをドラッグ&ドロップして、ユーザーのトレーニングリストに表示する順番にすることができます。

注:キャンペーンを開始すると、キャンペーンでコンテンツを追加または削除することはできません。キャンペーンを開始する前に、必要なトレーニングやポリシーをすべて追加してください。コンテンツを追加し忘れた場合は、別のトレーニングキャンペーンでコンテンツを割り当てることができます。
6.コンテンツのアンケートを有効にする

[コンテンツアンケートを有効にする]チェックボックスが選択されていると、ユーザーが課題を修了すると毎回にアンケートに回答するように求められます。アンケートを有効にすると、ユーザーからトレーニングプランに関するフィードバックを得ることができます。[ユーザーによるコメントを許可する]チェックボックスをオンにすると、ユーザーはアンケートにコメントを追加できます。詳細については、「アンケートの使用方法」を参照してください。 

7.アンケートのコメントを許可する
[ユーザーによるコメントを許可する]チェックボックスを選択して、アンケートのフィードバックにユーザーがテキストでコメントを追加できるようにします。テキストのコメントが必要ない場合には、この機能を無効のままにします。
8.スコアの追跡
[スコアの追跡]チェックボックスをオンにすると、このキャンペーンの対象となるすべてのコンテンツについて、個々のユーザーのスコアが保存されます。これらのスコアを確認するには、トレーニングキャンペーンの[ユーザー]サブタブ、またはユーザープロフィールの[ユーザータイムライン]サブタブにアクセスします。
9.ユーザーの登録

[ユーザーの登録]オプションを使用して、このキャンペーンにユーザーを登録します。全てのユーザーを登録するには、[全ユーザー]をクリックします。特定のユーザーをクリックするには、[特定ユーザー]をクリックして、表示されるドロップダウンメニューから任意のユーザーグループを選択します。

ヒント:特定のユーザーを登録するためのグループを作成する場合は、[全グループを表示]リンクをクリックできます。このリンクをクリックすると、[ユーザー]サブタブが新しいブラウザタブで開き、新しいグループを作成できるようになります。グループを作成したら、[新しいトレーニングキャンペーンの作成]ページに戻り、[更新]ボタンをクリックして、利用可能な最新のグループを表示します。
10.CSVファイルによる登録

[参照]ボタンをクリックして、CSVファイルを選択して、ユーザーを一括で登録できます。このオプションを使用すると、CSVファイルを使用して複数のユーザーを登録できます。このオプションは、[特定ユーザー]を選択した場合にのみ利用できます。

注:一度に添付できるCSVファイルは1つのみです。既存のCSVファイルを削除して置換すると、キャンペーン開始時に新しいCSVファイルのユーザーのみが登録されます。キャンペーンを実行しているときに、既存のCSVファイルを削除して置換した場合、新しいユーザーが追加され、既存のユーザーは削除されません。
11.新規ユーザーの自動登録

[新規ユーザーの自動登録を有効にする]チェックボックスをオンにすると、このキャンペーンに登録されているグループにユーザーが追加されるときに、これらのユーザーをこのキャンペーンに自動的に登録します。

全ユーザーを登録するように選択した場合は、キャンペーン開始後にコンソールに追加されたユーザーは、自動的にこのキャンペーンに登録されます。

12.補習トレーニングの進捗のリセットを有効にする

[補習トレーニングの進捗のリセットを有効にする]設定は、補習トレーニングキャンペーンにのみ使用してください。 この設定により、ユーザーがこのキャンペーンに再登録すると、元のトレーニングの進捗状況がリセットされます。詳細については、「補習トレーニングでのグループの使用」の記事を参照してください。

13.受講済みユーザーを追加するグループ

このトレーニングキャンペーンを修了したユーザーを、特定のグループに追加できます。これらのユーザーをグループに追加するには、[受講済みユーザーを追加するグループ]ドロップダウンメニューから目的のグループを選択します

ヒント:グループを作成する場合は、[グループの登録]ドロップダウンメニューの上にある[全グループにアクセス]リンクをクリックします。このリンクをクリックすると、[ユーザー]サブタブが新しいブラウザタブで開き、新しいグループを作成できるようになります。グループを作成したら、[新しいトレーニングキャンペーンの作成]ページに戻り、[更新]ボタンをクリックして、利用可能な最新のグループを表示します。

この設定を使用すると、ユーザーがトレーニングを完了するとすぐに模擬フィッシングメールが送信され、トレーニングで学んだスキルをしっかりと身に付けることができます。例えば、トレーニング済みのユーザーグループを対象とする継続的なフィッシングキャンペーンを作成できます。そして、トレーニングキャンペーンでこの設定を使用して、割り当てられたトレーニングを完了したユーザーをトレーニング済みのユーザーグループに追加できます。

14.受講済みユーザーを削除するグループ

このトレーニングを修了したユーザーを、特定のグループから除外するオプションがあります。これらのユーザーを削除するには、[受講済みユーザーを削除するグループ]ドロップダウンメニューから目的のグループを選択します。

この設定を使用して、補習トレーニングキャンペーンに役立てたり、トレーニングを交互にまたは順番に割り当てたりすることができます。トレーニングキャンペーンでグループを効果的に使用する方法の詳細については、「ユーザーとグループ」の記事の「グループとトレーニングキャンペーン」のセクションを参照してください。

15.通知

[通知]セクションでは、アカウントのユーザー、マネージャー、管理者に送信する自動通知を設定するオプションがあります。設定できる通知数には制限はありません。キャンペーンに関する通知を設定するには、[+通知の追加]ボタンをクリックします。通知オプションの概要は以下を参照してください。このセクションの詳細については、「トレーニングキャンペーン通知」の記事を参照してください。

a.[通知タイプ]:このドロップダウンメニューから、通知を送信するタイミングを選択します。[ようこそ]、[登録後のリマインダー]、[期日前のリマインダー]、[キャンペーン修了]、[期日オーバー]オプションから選択します。

b.[受信者とテンプレートの選択]:適切なチェックボックスをオンにして、対象とする受信者に通知を送信します。[ようこそ]、[登録後のリマインダー]、[管理者]を選択するか、これらのオプションを組み合わせて選択します。

c.[テンプレートの選択]:ドロップダウンメニューから、受信者タイプに送信する通知テンプレートを選択します。選択したテンプレートをプレビューするには、フィールドの右側の目のアイコンをクリックします。

注:[アカウント設定]でパスワードを使わないログインを有効にしている場合は、「パスワードを使わない」と表示されているトレーニング通知を必ず選択してください。

d.[トレーニング通知テンプレートの管理]:このリンクをクリックすると、利用可能な通知テンプレートが新しいウィンドウで表示されます。利用可能な複数のメールテンプレートがありますので、その中から選択してください。このオプションをクリックすると、KnowBe4の通知をカスタマイズしたり、独自の通知を作成したりできます。

選択した通知に問題がなければ、[保存]ボタンをクリックします。別の通知を追加するには、[+通知の追加]をもう一度クリックします。

トレーニングキャンペーンの管理と編集

トレーニングキャンペーンを管理および編集するには、KnowBe4コンソールの[トレーニング]タブを開き、[キャンペーン]サブタブをクリックします。

  1. [アクティブ][非アクティブ]、または[全て]をクリックして、表示するキャンペーンのタイプをフィルタリングします。
  2. この表では、トレーニングキャンペーンが名前別に表示されます。各キャンペーンでは、登録されているグループ、追加されているコンテンツ、トレーニングを完了したユーザーの割合などを確認できます。
  3. キャンペーン名の上に、キャンペーンのステータスを表示するバナーが表示されます。キャンペーンのステータスは、[作成済み][進行中][受講済み]、または[終了済]になります。上のスクリーンショットのキャンペーンの例では、ステータスは[進行中]になっています。キャンペーンのステータスの詳細については、以下のリストを参照してください。
    • [作成済み]: キャンペーンはまだ開始されていません。
    • [進行中]: キャンペーンは、終了日に達していない、つまり実施期間中であり、アクティブになっており進行中です。キャンペーンのステータスが[進行中]である場合、追加のユーザーを継続して登録できます。 
      注:期間が設定されているキャンペーンのステータスは、完了率が100%であっても、常に[進行中]になります。これらのキャンペーンはアクティブになっており、後日ユーザーをキャンペーンに登録できます。
    • [受講済み]: キャンペーンの終了日を経過したため、キャンペーンは非アクティブになっています。
      注:キャンペーンで[期限後であっても課題の完了を許可する]チェックボックスが選択されており、キャンペーンのステータスが[受講済み]である場合、登録されたユーザーはトレーニングを完了することができ、キャンペーンのトレーニング通知を受信できます。
    • [終了済]: 管理者が手動でキャンペーンを終了したため、このキャンペーンは非アクティブになっています。ユーザーに、このキャンペーンのトレーニング通知は送信されなくなります。
  4. キャンペーン名をクリックすると、キャンペーンの詳細が表示されます。詳細については、下記の「個々のキャンペーンの概要」を参照してください。
  5. 右端の列のドロップダウン矢印をクリックすると、キャンペーンで利用可能なアクションが表示されます。表示されるアクションは以下の通りです。
    • 編集[編集]をクリックすると、 [新しいトレーニングキャンペーンの作成]画面のような[トレーニングキャンペーンの編集]画面が表示されます。必要に応じてオプションを編集し、ページの左下隅にある[キャンペーンのアップデート]をクリックして変更内容を保存します。グレーで表示されている項目は、変更できません。
      • 自動通知を編集または追加しても、これらの通知が遡って送信されることはありません。たとえば、「ようこそ」の通知を追加しても、すでにこのトレーニングに登録されていたユーザーがこの新しい通知を受け取ることはありません。進行中のキャンペーンについては、手動でトレーニング通知を送信することをお勧めします。
    • クローン[クローン]をクリックして、既存のキャンペーンのコピーを作成します。新しいキャンペーンの設定やコンテンツは元のキャンペーンと同じになりますが、開始時間が変更され、キャンペーンの名前に「クローン」の文字が表示されます。[クローン]をクリックすると、[トレーニングキャンペーンの編集]画面が表示され、コピーされたキャンペーンを保存する前に、キャンペーン名やその他の設定を変更できます。
    • 閉じる[閉じる]をクリックすると、キャンペーンが終了し、ユーザーのトレーニング修了データが保存されます。
      注:終了済のキャンペーンと受講済みのキャンペーンは異なります。キャンペーンの[終了済]の[受講済み]のステータスの違いについては、上記3のセクションを参照してください。
    • 削除[削除]をクリックすると、トレーニングキャンペーンと関連するすべてのデータが完全に削除されます。これには、登録されたすべてのユーザーのトレーニング修了データが含まれます。
      重要:トレーニングキャンペーンとトレーニングキャンペーンに関連するすべてのデータが削除されることを確認してから、[削除]をクリックしてください。
    • [ユーザーの登録][ユーザーの登録]をクリックして、このキャンペーンにユーザーを個別に登録できます。詳細については、「進行中のトレーニングキャンペーンにユーザーを登録できますか?」の記事を参照してください。
      このオプションは、[進行中]のトレーニングキャンペーンにのみ表示されます。

    個々のキャンペーンの概要

    [キャンペーン]タブで、キャンペーン名をクリックすると、[キャンペーン概要]サブタブが表示されます。個別のキャンペーン概要については、「トレーニングキャンペーンの監視」のビデオ、または以下の情報を参照してください。

    1. [ユーザー]サブタブでは、各ユーザーとトレーニングキャンペーンの進捗状況に関する詳細な情報が表示されます。また、ユーザーの進捗状況を手動で変更したり、通知を送信したり、修了証明書をダウンロードしたりすることもできます。詳細については、「ユーザートレーニングの進捗状況」の記事を参照してください。
    2. [調査結果]サブタブは、トレーニングキャンペーンでコンテンツアンケートを有効にしている場合のみ表示されます。このタブには、これらのアンケートの結果が表示されます。詳細については、「アンケートの使用方法」を参照してください。
    3. [キャンペーンコンテンツ]セクションには、キャンペーンに含まれるすべてのコンテンツのリストと、各コンテンツの完了率が表示されます。
    4. [ユーザー]サブタブと同じように、[受講者の進捗状況]ボタンをクリックすると、そのトレーニング課題の詳細なユーザーレポートのあるページに移動します。詳細については、「ユーザートレーニングの進捗状況」の記事を参照してください。
    5. [アセスメント結果]ボタンは、セキュリティ意識レベルの習熟度評価(SAPA)またはセキュリティカルチャー評価(SCS)が割り当てられている場合にのみ表示されます。このボタンをクリックすると、アセスメントの結果が表示されます。詳細については、「アセスメントの使用方法」の記事を参照してください。
    6. [ユーザー通知]ボタンをクリックして、ユーザー、マネージャー、またはアカウント管理者にトレーニングの通知を手動で送信します。
    7. [キャンペーンサマリー]セクションは、キャンペーン内のすべてのコンテンツを修了したユーザーを示すグラフが表示されます。このセクションには、キャンペーンのステータス、開始日、期間、ユーザー数、自動登録オプション、およびスケジュール通知も表示されます。

お探しの情報が見つかりませんか?

サポートへの問い合わせ